arte BLOG

ホーム » 箕面市/カッティングボード/国産イチョウ

箕面市/カッティングボード/国産イチョウ

目次

STORY

木が好きなアルテです。

用途に応じて木をセレクトし、ちょっとしたインテリアにも用途にも最適な小物も

デザイン販売しています!


まな板を創るきっかけは・・・

お料理好きのお客様との雑談中。

イチョウのまな板って売ってないのですよね、とても使い勝手良いのだけどとお聞きし。

完工後プレゼントしようと、材木屋さんで作ってもらったことが始まりです。


Barの店舗リノベーションの際も、オーナー様がお料理は出されないのに

イチョウのまな板をとても気に入っておられ

えぐれるまで使っておられました。


なら、アルテらしいまな板作ってみよう!

お料理好きだけど、片付け嫌いな吉田にも扱える

インテリアの邪魔にならないもの!


なぜイチョウ?


① 柔らかいので包丁あたりが良い!

② 粘着率が高く、包丁の傷を元に戻そう戻そうと頑張る!



産地

国産の品質良い産地で仕入れています!


なぜロープ付き?>


まな板は立てるもの!と思われてませんか?

木のまな板は立てたところがすぐカビてしまいます。

なので、洗って拭いたら吊るしてやると清潔です。

それなら取り外し可能なロープをつけよう。

キャンプにも持って行っていただける大きさで

カットしたままテーブルにお皿代わりにも使えたら洗い物も減る!と思いました(笑)


ロープはテントロープなので丈夫ですしおしゃれ!

まな板も楽しんでほしいのです。

なぜ2サイズ?>


まずは洗いやすい、拭きやすい、使いやすい中サイズ。

チーズやプチトマトなど小さなものだけ着るなら小サイズ。

そこで切った物をそのままテーブルに出すとしたら・・・

小サイズは、取り皿かわりにもなるか・・・。





Lumber dealer

一つ一つ職人さんが心を込めて作ってくれています。



MESSAGE FROM ARTE


商品を作り時も 使って下さる方の事を考えて・・・

素材は安心安全な物、見てわくわくするような商品と思っています。


キャンプに連れてってもらっても映えるかな、邪魔にならないかな、なんて。

カッティングボードは無垢板の為一つ一つ顔が違います。

虫食いもあったり色も違います。

手作りだし、使っているうちに傷ができたりすることも

あるかもしれません。

でも。

またメンテナンスでペーパーをかければ傷や汚れも消えますよ。

お手入れをして可愛がってほしい・・・



とてもやさしい顔をしたまな板達です。


アルテオリジナルのカッティングボードやDIYキットはHPにて

お求めいただけます!

宜しければ覗いてくださいね!


詳しくはこちら↓


Facebook
Pinterest
Pocket
Email
Print
【この記事を書いた人】
【この記事を書いた人】

吉田千鶴子
2 級建築士 照明プランナー / 既存住宅状況調査技術者

関連記事

検索